消費税


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:メールフォームへここをクリック

消費税がよ〜くわかるサイト[HOME]
INDEX

消費税にお悩みでいらっしゃいませんか?

消費税のお悩みはございませんか?
会社が納める税金は色々ありますが、その中で最も悩ましい税金は消費税ではないでしょうか。
とりわけ多いご相談は、消費税を納めるための資金がないので、なんとか資金調達する方法を考えて欲しいというご要望です。
そして、残りのご相談は、節税をしたいので、合法的で効果的な方法をアドバイスして欲しいというご要望です。
このサイトをご覧になっているあなた様も、いずれかの問題意識をお持ちでいらっしゃいませんか?

 
 
 

気付かないうちに損していることも多い消費税

消費税が免税になっている事業者様につきましても、消費税は重要な問題です。
お客様から預かった消費税よりも、仕入や設備投資で支払った消費税の方が多い場合には、国から消費税を返してもらう(還付してもらう)手続きをとらなければなりません。
ところが、この手続きをうっかり忘れている事業者様が少なくありません。
あなたは、気付かないうちに消費税で損していませんか?

 
 
 

日本全国の事業者様に消費税の解決策をお安くお届けしています

消費税のことを専門に、そして真剣に考えてくれる専門家はいないものか? 私どもは、全国から寄せられる納税者の方々のお悩みにお役に立ちたいと考えております。
多くの税理士事務所では、消費税の申告は、法人税や所得税の申告のオマケと扱われています。
ところが、法人税や所得税が問題になるのは毎年利益が何千万円、何億円と出ている一部の事業者様だけです。
多くの事業者様は利益にかかる税金よりも、お客様から預った消費税の方が納税額が大きくなっています。
つまり、もっとも大切な税金は、消費税なのです。
ご存知でしたか?
税理士事務所に依頼している事業者様でも、消費税の申告に失敗し、納税額が過大になったり、還付を受けられなかったりすることがあるのです。
税理士事務所に対する損害賠償請求も相次いでいます。
しかし、消費税は難しく、自分の申告が正しいのかどうかは簡単に判断する方法がこれまでありませんでした。
そこで、私どもは、どなたにも簡単に消費税の最適な申告を実現していただくサービスを開発いたしました。
是非一度お試し下さい。

『最新消費税がよーくわかる本』


最新 消費税がよ〜くわかる本 第3版
著者:奥村佳史 刊行:秀和システム 定価:630円
日本一読みやすい消費税の入門書です。
初心者向けに消費税実務を徹底解説しています。
会計事務所の新人向け研修教材として続々採用。
レジュメのコピーを作るより安価。しかも、申告書の書き方まで図解!

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
消費税の概要
消費税の仕組み
消費税のかかる取引とは
消費税の納税義務者
国税と地方税
納税義務が免除されるケース
小規模事業者の納税は免除される
基準期間の課税売上高の計算
課税事業者になることを選択できる
納税義務の免除の特例1
納税義務の免除の特例2
課税売上高のこと
課税対象となる国内取引
対価を得て行われる取引とは
非課税取引いろいろ
輸出取引は免税
国内取引の課税標準額と消費税額
消費税額の端数処理の特例
控除税額
控除税額の計算
一般課税の控除対象仕入税額
課税仕入の集計
課税・非課税の判定
個別対応方式と一括比例配分方式
帳簿及び請求書の保存要件
調整対象固定資産
免税事業者が課税事業者になったら
簡易課税制度とは
2種類以上の事業を営む場合
売上にかかる対価の返還等
貸倒れにかかる税額の調整
申告と納付
一般課税の消費税申告書
簡易課税の消費税申告書
確定申告書の提出期限
中間申告
修正申告と更正
附帯税
各種の届出書
消費税課税事業者届出書
納税義務者でなくなった旨の届出書
消費税課税事業者選択届出書
消費税課税事業者選択不適用届出書
消費税課税期間特例選択・変更届出書
消費税課税期間特例選択不適用届出書
消費税簡易課税制度選択届出書
消費税簡易課税制度選択不適用届出書

Copyright (C) 2006 奥村佳史. All Rights Reserved 国民生活金融公庫 法人税 札幌証券取引所 株価算定企業価値評価

公認会計士奥村佳史事務所の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。