消費税


公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:メールフォームへここをクリック

消費税の税理士事務所[HOME]
INDEX

課税取引か否かを判定する

仕入取引については、課税取引であるか否かを判定することが必要です。
取引は課税取引、非課税取引、免税取引、不課税取引の4種類があることを解説しました。
売上高については、課税売上割合を判定する必要があるため、各取引が上記4種類のうちいずれに該当するかを厳密に判断しなくてはなりません。
消費税がかからない取引であっても、免税取引と非課税取引とでは課税売上割合が異なるためです。
しかし、仕入取引については、そのような厳密な区分は重要ではありません。
必要なのは、各取引に消費税がかかっているかどうかを判定することです。

判定は難しい

各仕入取引について、課税取引であるか否かを判定するためには、消費税法と通達を細かく理解していなければなりません。
ただし、通常は伝票を起票するすべての人が、消費税法に精通しているとは考えにくく、次のような判定の一覧表を作成しておき、それぞれの取引がどれにあてはまるかを確認する方法がとられています。
仕入高
一般的な商品・製品・・・課税
不動産業者等の土地の仕入・・・非課税
輸入時の関税・・・不課税
人件費
一般的な給料・賞与・・・不課税
一般的な退職金・・・不課税
通勤手当・・・課税
現物給与(会社の製品などを支給)・・・課税
人材派遣報酬・・・課税
健康保険料、厚生年金等の社会保険料・・・非課税
従業員への慶弔金(現金)・・・不課税
慰安旅行代金(国内)・・・課税
慰安旅行代金(海外)・・・免税
持株会助成金・・・不課税
保険料
生命保険料・・・非課税
旅費交通費
交通費・宿泊費(国内)・・・課税
日当(国内)・・・課税
交通費・宿泊費(海外)・・・免税
日当(海外)・・・免税
通信費
電話・郵便料金(国内)・・・課税
国際電話・国際郵便・・・免税
水道光熱費
電気料金・・・課税
ガス料金・・・課税
水道料金・・・課税
寄附金
寄附金・・・不課税
交際費
飲食費・・・課税
ゴルフ利用料金等・・・課税
ゴルフ場利用税・・・不課税
祝金、見舞金、香典(現金)・・・不課税
商品券・・・非課税
祝品、花輪等・・・課税
会費
一般的な会費・・・不課税
対価性が明らかな会費・・・課税
租税公課
法人税、所得税、住民税、固定資産税、印紙税・・・不課税
罰金・・・不課税
支払手数料
税理士報酬等・・・課税
銀行振込手数料・・・課税
クレジット手数料・・・非課税
法令に基づく行政手数料・・・非課税
法令に基づかない行政手数料・・・課税
賃借料
地代(期間1か月以上)・・・非課税
家賃(住宅)・・・非課税
家賃(事業所)・・・課税
リース料・・・課税
支払利息
支払利息・・・非課税
保証料
信用保証料・・・非課税
固定資産取得
土地・・・非課税
建物、機械装置、工具・器具・備品・・・課税

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
消費税の概要
消費税の仕組み
消費税のかかる取引とは
消費税の納税義務者
国税と地方税
納税義務が免除されるケース
小規模事業者の納税は免除される
基準期間の課税売上高の計算
課税事業者になることを選択できる
納税義務の免除の特例1
納税義務の免除の特例
課税売上高のこと
課税対象となる国内取引
対価を得て行われる取引とは
非課税取引いろいろ
輸出取引は免税
国内取引の課税標準額と消費税額
消費税額の端数処理の特例
控除税額
控除税額の計算
一般課税の控除対象仕入税額
課税仕入の集計額
課税・非課税の判定
個別対応方式と一括比例配分方式
帳簿及び請求書の保存要件
調整対象固定資産
免税事業者が課税事業者になったら
簡易課税制度とは
2種類以上の事業を営む場合
売上にかかる対価の返還等
貸倒れにかかる税額の調整
申告と納付
一般課税の消費税申告書
簡易課税の消費税申告書
確定申告書の提出期限
中間申告
修正申告と更正
附帯税
各種の届出書
消費税課税事業者届出書
納税義務者でなくなった旨の届出書
消費税課税事業者選択届出書
消費税課税事業者選択不適用届出書
消費税課税期間特例選択・変更届出書
消費税課税期間特例選択不適用届出書
消費税簡易課税制度選択届出書
消費税簡易課税制度選択不適用届出書

Copyright (C) 2006 税理士奥村佳史事務所. All Rights Reserved 国民生活金融公庫 法人税 札幌証券取引所

税理士奥村佳史事務所の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。